インプラント治療の前に・・・

インプラントを迷われている方へ

トップページ
インプラントとは
インプラントでアンチエイジング
インプラントはこんな方に
おすすめします
インプラントと入れ歯の違い
インプラントとブリッジの違い
インプラントの痛みについて
インプラント治療の前に・・・
インプラント治療は誰でも
出来るの?
インプラント治療の流れ
インプラントを長持ちさせるためには?
インプラントQ&A
患者様からの喜びの
メッセージ

インプラントの安全性について

どんな歯科病院で治療すれば
いいの?
インプラントの成功率とは?
安全で確実なインプラント治療をするためには?

インプラントの手術と費用

インプラント手術1回法とは
インプラント手術2回法とは
難しいインプラント手術とは?
インプラント治療の費用がやっぱり気になる!
治療費ってカードで支払い出来るの?
医療費控除ってなに?

インプラントに期待出来る効果

OAMインプラントシステムとは
磁気式インプラントとは

当サイトの監修者の紹介

埼玉アンチエイジングインプラントセンターとは?
インプラント症例集
メール無料相談
ご予約をされたい方へ
 

インプラント治療を受ける前に注意すべき事

インプラントは、1本の歯の欠損から全部の歯がない場合まで広く対応します。美しさ、安定性などのメリットも非常に大きいです。

インプラントにとっても歯周病は大敵です。骨に埋め込む人工歯根(インプラント)はチタンでできています。チタンは生体親和性に優れ、アレルギー体質の方でも問題なく永久に骨と結合しますが、インプラントのまわりの歯肉に炎症があると、インプラントと結合している骨に影響を及ぼす事があります。 「一日も早く楽しく食事をしたい」 と言うお気持ちは十分理解できます。しかし、インプラント治療を成功に導く為には、手術をする前にお口の中全体の歯周病組織を良い状態にする事がとても重要であり、メンテナンスにより清潔に保つ事とバランスのチェックが必要不可欠になります

お体の状態について

インプラントでは外科的手術を伴いますので、お体の状態や持病(糖尿病、高血圧症、心臓疾患、脳疾患など)については必ず担当の歯科医師に伝えて下さい。場合によっては、医科の主治医の先生とご相談させていただき、意見書や検査データを拝見することがあります。

常用薬剤について

日常服用されているお薬がある方は、事前に歯科医師へお伝え下さい。薬の種類によっては血液が止まりにくくなるものなどもあり、事前に休薬をして頂かなくてはいけない場合もあります。(動脈硬化の薬、糖尿病の薬、向精神薬、非ステロイド系抗炎症剤、経口避妊薬など)

顎やのどが弱い方

手術中は長い時間お口を開けていなくてはいけません。顎やのどが弱い方は、あらかじめ歯科医師に伝えて下さい。(休み休み施術する等の工夫をこらします。) 事前にわかっていれば、多少、顎やのどが弱くても手術は普通に行えます。

安全で確実なインプラント治療をするためにもCT検査が重要です

そもそもCTとは・・・

従来、インプラント治療の事前診断には、通常のX線撮影(二次元)が行われていましたが、歯科用CT(三次元)を使用することで、立体的な画像でのより精確な診断をすることができる様になりました。

CTとは、Computed Tomographyの略です。 このCTは、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置で、開発されたのは1970年代初頭です。近頃では、目覚しい進歩を遂げて今ではマルチスライスCTが活躍しています。 歯科用CTは近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています

なぜCTが必要なのか?

歯医者さんで良く行うX線撮影は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするにはとても役に立ちます。一方、インプラント治療に置いては、顎の骨の硬さや形を調べることが重要となります。顎の骨の状態は、骨の硬さや形、神経の一など一人一人ことなります。CTで撮影した映像からは、顎の骨の形や硬さがわかるだけでなく、顎の病気や神経の位置なども調べることができます。

>>>詳しくは 安全で確実なインプラント治療をするためには?をご覧下さい。





インプラントの専門が答える無料相談 アンチエイジングインプラントセンターの予約受付はこちら

埼玉アンチエイジングインプラントセンターの監修先

【住所】 〒349-0111 埼玉県蓮田市東1−2−14

【最寄り駅】 JR蓮田駅徒歩 約2分

【診療時間】 午前9:30〜午後1:00 午後2:30〜午後6:30

埼玉アンチエイジングインプラントセンター 勝沼歯科医院