インプラント手術2回法とは

インプラントを迷われている方へ

トップページ
インプラントとは
インプラントでアンチエイジング
インプラントはこんな方に
おすすめします
インプラントと入れ歯の違い
インプラントとブリッジの違い
インプラントの痛みについて
インプラント治療の前に・・・
インプラント治療は誰でも
出来るの?
インプラント治療の流れ
インプラントを長持ちさせるためには?
インプラントQ&A
患者様からの喜びの
メッセージ

インプラントの安全性について

どんな歯科病院で治療すれば
いいの?
インプラントの成功率とは?
安全で確実なインプラント治療をするためには?

インプラントの手術と費用

インプラント手術1回法とは
インプラント手術2回法とは
難しいインプラント手術とは?
インプラント治療の費用がやっぱり気になる!
治療費ってカードで支払い出来るの?
医療費控除ってなに?

インプラントに期待出来る効果

OAMインプラントシステムとは
磁気式インプラントとは

当サイトの監修者の紹介

埼玉アンチエイジングインプラントセンターとは?
インプラント症例集
メール無料相談
ご予約をされたい方へ
 

1回法と2回法の2種類あり、安全で確実な手術をおこないます

インプラント手術の2回法とは、基本的に手術が2回行われます。1次手術後は歯肉に完全に覆われている状態ですので、頭出し手術が必要です。ただし、1回法と比べインテグレーション(骨とフィクスチャーの結合)を阻害する可能性は低いと考えます。 骨が足りない方や、前歯など審美性にこだわる方には2回法が向いているといえます。インプラント本体を、数ヶ月間粘膜の下に荷重をかけずにおいて置く事により、骨とより強固に結合することができるため、2回法の方が成功率が高いといわれます。

インプラント手術(2回法の流れ)

局所麻酔の後、歯肉を切開し歯槽骨(顎の骨)を露出させます。専用のドリルでフィクスチャー(人工歯根)と同じ長さ・太さの穴をあけます
フィクスチャーと呼ばれる歯根部分を埋め込みます。ここまでは1回法と同じです。
歯肉を上から閉じ合わせ、フィクスチャーを完全に埋没させます。
その後、インプラントが骨と結合されるのを待ちます。
治癒期間は個人差がありますが部分入れ歯を使用しますので日常には支障がありません。
フィクスチャーと骨がしっかりと結合されたら、小手術で歯肉を小さく切開します。フィクスチャーの頭部を出し、人工歯と連結させるためのアバットメントを取り付けます。 ※仮歯をつけることができます。
お口の型取り(印象採得)を行い、人工歯(上部構造)を作成します。 二回目の手術で切開した歯肉が治ったら、かみあわせの調節を行い最終的な人工歯を取り付けます 。

インプラントの専門が答える無料相談 アンチエイジングインプラントセンターの予約受付はこちら

埼玉アンチエイジングインプラントセンターの監修先

【住所】 〒349-0111 埼玉県蓮田市東1−2−14

【最寄り駅】 JR蓮田駅徒歩 約2分

【診療時間】 午前9:30〜午後1:00 午後2:30〜午後6:30

埼玉アンチエイジングインプラントセンター 勝沼歯科医院